ガチで苦手なあなたのための国語
現代文/古文/漢文/小論文・・・ガチで苦手な高校生・中学生・小学生のみなさん、なんとかしてみませんか? 効果的なテキストの紹介とその使用法をご紹介します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1)リアル書店かネット書店か

 ネットで参考書を購入する場合の注意点を述べておきます。
 「ガチで苦手なあなたのための国語」では、
 

 Amazon↓↓↓
   
 楽天ブックス↓↓↓
   
 セブン&ワイ↓↓↓
   セブン&ワイ
 

の3つでの購入をオススメしています。当然、近くの書店にある場合はそこで購入して頂いて結構です。ただ、ボク自身の経験として、


 参考書を買いに行ったつもりが、マンガを買ってしまった・・・
 

ということがあります。別にマンガに限った事ではないのですが。むしろその点が実際に書店にいく事の楽しみでもあり、利点である事は否定できません。また、実際に手に取って現品を見る事ができるというのも強みでしょう。


 けれど、受験に限っていえば、そのための時間をもっと他の時間に充てた方が有意義だとボクは思います。
 

 また、書店の参考書コーナーにはありとあらゆる参考書が溢れています。そうした参考書群を目の当たりにして
 

 「自分はあの参考書をしていないが大丈夫だろうか」
 「本当に今、自分がやっている参考書は適切なのだろうか」
 

という不安に駆られてしまいます。


 受験生は不安で不安でしょうがないものです。それは毎年様々な受験生を見ていて確かにそう思います。
 

 ましてや、国語の場合(特に高校受験生や大学受験生の古文についてそうですが)、
 
 
 「日本語なのになにを書いてあるのか、さっぱりわからない」
 「日本語ができない自分はバカじゃなかろうか」
 
 
という思いでいっぱいになって本屋に駆け込む事が多いです。そうした悩みをかかえた受験生をボクは数多く見てきました。ボクがこの「ガチで苦手なあなたのための国語」を立ち上げたのもそうした受験生の手助けを少しでもできればという思いからです。


 話がそれてしまいました。

 
 つまり、ボクが言いたいのは、
 

 あえて情報をシャットアウトしてみよう
 

という事です。そういった意味でネット書店を利用する事は適切だと考えるのです。

 2) どの書店を選べばいいの? へ

スポンサーサイト



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。