ガチで苦手なあなたのための国語
現代文/古文/漢文/小論文・・・ガチで苦手な高校生・中学生・小学生のみなさん、なんとかしてみませんか? 効果的なテキストの紹介とその使用法をご紹介します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



勉強法の基本 その1

 まずは勉強法の基本から入りましょう。
 

 この『ガチで苦手なあなたのための国語』では以下のやり方を基本とします。
 

1)基礎的な文法、思考法の習得
2)基礎単語、用語の習得
3)1)の復習
4)問題演習を通じて1)~2)の反復習得
5)過去問演習


 「なんだ当たり前じゃないか」
 

という声が聞こえます。そうです、当たり前なのです。大切なのは
 

 当たり前の事を当たり前にやり<続ける>こと
 

なのです。けれど、読むのをやめるのはちょっと待って下さい。もう少し、ボク独自の(というほどでは全くないのですが)勉強法を紹介しましょう。


 要はやり方、使い方なのです。詳細については各教科で書くとして、おおまかな所だけ説明していきましょう。
 

1)基礎的な文法、思考法の習得


 まずは、各教科の基礎、核となる参考書をじっくりとやります。
現代文なら接続詞の使い方やそれにともなう論理展開など、古文なら基礎文法、漢文なら基礎文法と句形といったところです。


 ただし、それだけを取り出してやってみた所で
 

 本当にできるんだろうか
 実践力はついているのだろうか
 

という不安に駆られることでしょう。


 確かにそうです。文法だけ取り出してみても、なにか「文法のための文法」をやっているようで、「できるようになった」という実感がわきません。
 

 古文であれ、現代文であれ、英語であれ、文法というのはあくまで「読むための文法」でなければいけませんし、「書くための文法」でもなければいけません。それだけを取り出してやることは、特に初心者の場合、すぐにイヤになって投げ出してしまいかねません。
 

 したがって、このサイトで紹介する参考書は
 

■まとまった長さの長文(もしくはそれに準じる例文)を扱ったもの
■本文に充分な解説の施してあるもの


とします。この基準を満たすものを紹介していきます。当然、その使い方、長所、短所、使用時期なども詳しく書いていきます。


 あと、注意して頂きたいのは
 

 完璧にする必要は全くない
 

ということです。受験生の方はえてして


 一度で完璧に習得しよう
 

と考えがちです。けれどそうする必要はまったくありませんし、また、できるはずもありません。重要なのは


 反復による習得
 

です。そのための具体的なやりかたはそれぞれのページで述べていきます。最終的に完璧になればよいのです。その仕掛けを様々に用意しておきますので、どうぞご期待下さい。


 長くなってしまいました。2)以降は別のページに譲りたいと思います。


勉強法の基本 その2へ

スポンサーサイト



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。