ガチで苦手なあなたのための国語
現代文/古文/漢文/小論文・・・ガチで苦手な高校生・中学生・小学生のみなさん、なんとかしてみませんか? 効果的なテキストの紹介とその使用法をご紹介します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



音読の効能について

 このサイトでは、


 繰り返しの音読
 
 
を推奨しています。音読には様々な効能があります。すでに斎藤孝氏の『声に出して読みたい日本語』や、川島隆太氏の著作群で有名です。ボクが改めて記すのもなんですが・・・


 塾で自習している生徒の単語暗記に出くわすことがあります(「自習で単語暗記かよ!」と思わないではないですが)。大体そういう生徒は
 
 
 じぃ・・・・・・っと単語集の一点を見つめている
 
 
のです。問題はいろいろありまして、


 1)少しずつしか進めない
 2)言葉の学習であるにもかかわらず、目でしか単語を認識できない
 
 
 単語集で単語を覚える場合の具体例に関しては、土屋の古文単語222の項目で説明していますので、ここでは割愛しますが、問題は2)です。ボクは次のような話をします。
 
 
 単語の暗記などという物は家で寝ころびながらとかリラックスした状態でやった方がいいです。英文解釈や古文読解の授業で分析したノート(例文の詳細な解説のついた単語集でもいいでしょう。ただし、その場合は「他にやるものがない」という状態の時に行って下さい。まずはノートを利用して下さい)を何度も音読します。それだけでいいんです。
 
 
 そうすることによって、文法事項の復習もできます。なによりも、一度音読することで、
 
 
 目で見て
 口に出して
 耳で聴く
 
 
という事が出来ます。目だけで見て覚えようとする場合の3倍の効果です。英単語を覚えたい場合、スペルを書けるかどうかも非常に重要な要素になってきますので、「筆写する」というアクションを加えてみてもいいでしょう。スピードは遅れますが、それぞれを単独で覚えるよりもはるかに効果は高いです。


 一度・・・というよりも何度もお試し下さい。即効性があるものではありませんが、じわじわと効果が出て来ます。繰り返し繰り返し音読を続けてみて下さい。
 
 
 専門的に音読の効能を知りたい方は以下の本を参考にして下さい。
 
 
楽天はこちら
↓↓↓
朝刊10分の音読で「脳力」が育つ


Amazonはこちら
↓↓↓
「音読」すれば頭がよくなる―一日二〇分!能力はここまでアップする


  TOP  >  はじめに  >  音読の効能について
スポンサーサイト



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。