ガチで苦手なあなたのための国語
現代文/古文/漢文/小論文・・・ガチで苦手な高校生・中学生・小学生のみなさん、なんとかしてみませんか? 効果的なテキストの紹介とその使用法をご紹介します。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



出口汪の新・日本語トレーニング 基礎国語力編(下)



【 テキストについて 】

 出口汪の新・日本語トレーニング 基礎国語力編(上)の続編です。上巻で身につけた、主語と述語、文の要点などを元に、
 
 
 文章の要点
 そのために必要な、文と文をつなぐ「接続」の考え方
 

を身につけていきます。構成としては、


 ステップ6  文章の要点
 ステップ7  長い文の要点
 ステップ8  正確な文を書く
 ステップ9  接続語と指示語
 ステップ10 総合演習
 

となっています。題材は芥川龍之介の短編『蜘蛛の糸』と『杜子春』です。どちらも皆さん一度は教科書などで読んだことがあるかも知れませんが、果たして文法に意識して読んできたでしょうか?


 内容が頭に入っている文章でも、果たして意識的に読めるのかというと・・・今までとは違った視点で読んで見ることも大切です。
 
 
【 使 用 方 法 】

 すすめ方は、出口汪の新・日本語トレーニング 基礎国語力編(上)と同様です。
 
 
 一日一ステップを目標
 

としてください。具体的なすすめ方は出口汪の新・日本語トレーニング 基礎国語力編(上)の【使用方法】を参照して下さい。文章が少々長くなっているので、気合いを入れてすすめましょう。


 この参考書に限らずですが、
 
 
 なぜ、その答えなのか
 
 
ということを人に説明できるようにして答えを出しましょう。直感的に答えはこれだと思うんだけれど、どうしてこれになるのかわからないというものには△をいれて、解説を読みましょう。そして、次にやった時には、解説と同じように人に説明できるようになれれば問題ナシです。


 仕上げの音読は忘れずやっていきましょう。


【 放 言 】

 出口汪の新・日本語トレーニング 基礎国語力編(上)の復習をしながら、さらにすすめていくという段階式の(著者いわくスパイラル方式)方法はなかなかのものです。
 
 
 ステップ10総合演習の中盤で「用言」「体言」「連用修飾語」という文法用語が出て来ますが、わからなければ気にせずにすすめてしまいましょう。全てを覚えてしまう必要はありません。
 
 
 あと、中には、
 
 
 問題作成者の意図はわかるが・・・
 
 
という問題がありますが(ステップ8の問題1など)、○×にこだわってはいけません。考え方を身につけていきましょう。


楽天はこちら
↓↓↓
出口汪の新日本語トレーニング(2(基礎国語力編 下))

Amazonはこちら
↓↓↓
出口汪の新日本語トレーニング―基礎国語力編(下)

セブン&ワイはこちら
↓↓↓
出口汪の新日本語トレーニング―基礎国語力編(下)


出口汪の新・日本語トレーニング 基礎国語力編(上)へ戻る
スポンサーサイト



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。